FC2ブログ

浜松古典楽器工房 『バロック音楽と癒しの調べ』

楽器のまち、浜松市で古典楽器を製作販売しているメーカーです。チェンバロ、癒しの竪琴ライアー、大正琴の製作風景や商品紹介、イベントの案内など更新していきます。

『バロックの調べ、癒しの調べ』 コンサートのご案内


今年も第2回 浜松、春のコンサートを開催します♪

【バロックの調べ 癒しの調べ】 4月18日(土)

昨年に続き、チェンバロとライアーの演奏家をお呼びし、各40分ほどのミニコンサートです。

昨年は先着50名様のところ、ご希望のお客様が増えてしまい定員オーバーの受付けとなりましたが

今年はキチンと50名様に限定させていただきます


s-20200109094800_00001.jpg


皆様のお申込みをお待ちしております

どうぞよろしくお願い致します。




(鈴木)

にほんブログ村 音楽ブログへ  
スポンサーサイト



新年のご挨拶。


ご挨拶が大変遅くなりました。


本年も変わらぬご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。


2020年賀状



(鈴木)

にほんブログ村 音楽ブログへ  

詐欺サイトにご注意ください。


こんにちは。


12月に入り、世の中は クリスマス にお正月 と ふわふわした雰囲気の中、


本日ご紹介いたしますのは、またまた物騒な お話でございます。




先日、お客様から 「こちらは詐欺サイトでしょうか」 と下記の場所を案内されました。


※画像は、そのサイトのコピーです。

s-詐欺サイト100


s-詐欺サイトカビ縞
詐欺サイト住所



答えは 「おそらく詐欺サイト」 です。


アマゾンのような大企業なら ともかく


こういった一般の店で、通常35万円の商品を10万円で売っていること自体、怪しいと思ってください。


しかも 弊社だけでなく、すべての商品が半額以下です。





また、これは今日 気が付いたのですが


3日前に見たときの住所は「新潟県佐渡市」に住む男性でした。


さきほど確認したところ、「鹿児島県鹿児島市」の女性になっています。


『 この3日間で引っ越しをしたのかもー 』 ・・・と思った 能天気なアナタ。


ご注意ください


これはもう「詐欺確定」です




こちらのページに弊社の正式なお取引先様が明記されています
『 詐欺サイトにご注意ください。』


よろしければ ご覧ください。





ひと言で「注意」と言っても 難しいかもしれませんが


怪しいサイトは住所をマップで調べたり、会社名を検索してみたり、


とにかく迷ったら、被害にあわないために


先のお客様のように 「本店に問い合わせをしてみる」 というのも


ひとつの方法だと思います。









(鈴木)

にほんブログ村 音楽ブログへ  

ふるさとお礼品、発送します


11月に入り、ふるさと納税の お礼品注文がポツポツと入り始めました。


何十万点もある お礼品の中から 三創楽器の製品を選んでいただき、本当にありがとうございます







やはり、お礼品人気は 『食品』 が強い傾向にありまして


浜松市の場合、うなぎやミカンなどの特産品が上位となっています。


そんな中、弊社のような小さな商品に目を当てて頂き、


逆に「どうやって見つけたんだろう」と経緯を知りたくもなります



ss-DSCN4280.jpg



写真は 本日発送となります 『ミニチュア イングリッシュ ベントサイド スピネット』 です。


本体サイズ:約300×高さ190mm ※最大部分と屋根を上げたときの高さ
使用材料:スプルース・アガチス・黒檀・メイプル
※音は出ません
※脚はネジ式になっています


他にも小物をご提案させて頂いておりますので、ご興味のある方は

こちらをご覧ください  浜松市 ふるさとお礼品 三創楽器







#ふるさと納税
ありがとうございました。 (鈴木)

にほんブログ村 音楽ブログへ  

他社製品のライアーを修理しました。



約40~50年前くらいにドイツで製作されたライアーでしょうか。


お客様がご購入後、手元に来た際、いろいろ気になる箇所を見つけ、


良い状態に戻したいと、三創楽器へ連絡があり、その楽器を送っていただきました。



ss-DSCN4061.jpg
(掲載許可済みです)


響板のヒビ割れ


テールピースの剥がれ


アームの剥がれ



修理まとめ3



響板は 3か所 亀裂が入っていました。 


ナイフで真っ直ぐに隙間を開け直します。



ss-DSCN4089.jpg



木材を はめ込んでいきます。



ss-DSCN4087.jpg



埋め終わった響板。



ss-DSCN4090.jpg



お客様が気にされていた「ピンク」の着色も修理します。



おそらく、前の持ち主の方が、色移りのする布で本体を くるんでいたのではないかと想像します。


布ジワの跡が残っていました。 


試しに クリーナーやシンナーで拭き取ってみましたが


時間が経ち、深く染み込んでいたため、取れませんでした。



修理まとめ1



なので、ペーパーがけをして、塗装をむきます。


隅の隅まで剥かないと 塗装ムラが出来てしまうため 手を抜けません。


ひたすら ひたすら 剥く作業・・・。



修理まとめ2



チューニングピンの穴にティッシュを詰めています。


穴の中に塗料が入ると トルクが変わってしまうので


ここもひとつずつ、地道に詰めていきます。 



ss-DSCN4119.jpg



塗装準備 OK!



ss-DSCN4130.jpg



塗装完了!



ss-DSCN4156.jpg



最初に張ってあった弦を戻して巻いていきます。


先端がクルクルにクセが付いた弦を張り直す作業は


新品の弦を張るよりも 手間がかかります。



ss-DSCN4158a.jpg



完成です!



ss-DSCN4201.jpg



ss-DSCN4202.jpg



● 響板割れ 3か所
● アーム剥がれ
● テールピース剥がれ
● 再塗装
● バラシ・調律・調整


約10万円のご請求となりました。(※2019年9月現在  送料・消費税別)





ドイツの製作家さんが このライアーを作られたとき、


「50年後に海を渡る」とは きっと想像もしていなかったと思います。


近年、地球環境の変化も激しく 年月が経って変形してしまうことは


弦楽器の宿命かもしれません。


決して悪い楽器ではありませんので(音も良かったので)大事に長く使っていただければと思います







修理をお考えのお客様は、ご参考までに こちらのサイトもご覧いただけますと幸いです。

【他社製品のメンテナンスについて】








(鈴木) ご覧いただきありがとうございました

にほんブログ村 音楽ブログへ  

ナチュラル雑貨 missmo(ミスモ) オープン♪


ナチュラル雑貨のお店

『ウッドモザイク ミスモ』オープン! 12月31日まで記念イベントやってます♪ 


missmoshop.jpg


楽器と同じ材料を使い、職人が ひとつひとつ丁寧に仕上げています。

大量生産が出来ないのと、もとの材料が高額のため、どうしてもお高めにはなりますが

そのぶん、しっかりと作っています! 

贈り物に いかがでしょうか。

サービス企画は 12月31日まで。

よろしくお願いいたします!





(鈴木)

にほんブログ村 音楽ブログへ  

ライアー弦交換修理。


演奏中に手が滑り、落下させてしまった お客様より


写真のように弦が切れてしまった為、弦交換修理のご依頼を受けました。







幸い、本体に問題はありませんでした。



s-DSCN4205.jpg



修理内容です。


●弦・・・473円×6本=2,838円

●交換手数料(再調整込)・・・3,300円

※送料別途かかります
※弦の交換本数により、交換手数料は異なります
※2019年10月現在の修理価格となります



s-DSCN4211.jpg


s-DSCN4213.jpg




ご参考までに





※掲載に関しまして、お客様の許可を頂いています※

(鈴木)

にほんブログ村 音楽ブログへ  

消費税率変更に伴うお知らせ

shohizei.png






(鈴木)
ポチっとクリックしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 音楽ブログへ