fc2ブログ

浜松古典楽器工房 『バロック音楽と癒しの調べ』

Categoryライアー修理の話 1/1

他社製ライアー、弦交換 (ゲルトナー製)

ゲルトナー35弦。 弦交換のご依頼です。写真では、どこが錆びているのか、わかりにくいですよね スミマセン コチラは、弦を新しく交換した写真です。【 ご参考修理価格 】弦全交換、調律調整 15,000円弦代 35本(E~d'')   21,230円計 36,230円 (※2021年4月現在  送料・消費税別)---------部品バラシ、全ゲージ確認、弦代金、弦張り、最終調整・全体調整、クリーニング外した弦は、返却ご希望でしたので製品に同梱してお送りし...

  •  0
  •  -

他社製ライアー、弦交換。

10年以上前に海外で購入されたというライアーが届きました。アントン 39弦。 購入されてから、ほとんど触っていなかったとのこと。弦が錆びて黒くなっており、音の伸びも悪い為、全交換をご希望です。 弦を新品交換しました 弊社では楽器を拝見し、必要な補強があると判断した場合、楽器のためのアドバイスとしてお客様へご提案をさせて頂いております。ご納得をいただけましたら、修理調整を行っていきます。【 ご参考修理価格 ...

  •  0
  •  -

ライアー響板割れ修理。

乾燥で割れてしまった響板修理の様子です。まず、表面の塗装を 生地になるまでペーパーで剥がしていきます。ひたすら平面になるまでペーパーがけ。ひび割れたミゾを成型して同材をはめ込み、接着。埋め木した部分を整え、塗装へ。 塗装上がり。このあと弦を張り直し、調整調律を行います。【 ご参考修理価格 】部品バラシ、塗装剥がし、埋め木、再塗装、弦張り、最終調整・全体調整、クリーニング約31,000円 (※2020年8月現在  ...

  •  0
  •  -

他社製品のライアーを修理しました。

約40~50年前くらいにドイツで製作されたライアーでしょうか。お客様がご購入後、手元に来た際、いろいろ気になる箇所を見つけ、良い状態に戻したいと、三創楽器へ連絡があり、その楽器を送っていただきました。(掲載許可済みです)響板のヒビ割れテールピースの剥がれアームの剥がれ響板は 3か所 亀裂が入っていました。 ナイフで真っ直ぐに隙間を開け直します。木材を はめ込んでいきます。埋め終わった響板。お客様が気...

  •  0
  •  -

ライアー弦交換修理。

演奏中に手が滑り、落下させてしまった お客様より写真のように弦が切れてしまった為、弦交換修理のご依頼を受けました。幸い、本体に問題はありませんでした。修理内容です。●弦・・・473円×6本=2,838円●交換手数料(再調整込)・・・3,300円※送料別途かかります※弦の交換本数により、交換手数料は異なります※2019年10月現在の修理価格となりますご参考までに ※掲載に関しまして、お客様の許可を頂いています※(鈴木)   ...

  •  0
  •  -

他社製品の修理について

今日は『他社製品の修理について』のお話をします。 写真のライアー(竪琴)も他社製品(海外製品)になります。 こちらは響板割れ修理のご依頼です。 弊社ではライアーに限らず、他社製品のチェンバロ修理や大正琴、その他の弦楽器製品も ご相談を受け賜わっています。 その中で お客様から よくお聞きする お話は 『どこのお店に頼んでも他社製品だから・・・と、受けてもらえなかった』 というお声でした。 とはいえ...

  •  0
  •  0

ライアー(竪琴)の修理

ライアー(竪琴)の修理依頼が来ました。 海外製品です。写真左が響板割れ写真右が楽器使用材料の不具合についてのご相談でした。まずは写真右の製品から。響板が 弦の張力に負け ヘコんで見えます。とりあえず演奏が出来るなら ブリッジの頂点を削るだけにして あまり手を加えず修理代を安く済ませるか多少高額になるが、ブリッジとテールピースを交換し少しでも楽器の寿命を長くしてあげるか、、、をお客様と相談。結果、ブリッ...

  •  0
  •  0